産廃業の許可について考えよう

市民生活を守る為の産廃許可申請

我々が日常で生活していくときに商品の購入と使用後に必ず発生するのがゴミとなる訳ですが、今回注目していく産廃許可申請が必要な産業廃棄物は我々が出す日常的なゴミとは別の扱いとなっています。

簡単に説明しますと我々が普段、消費活動の結果発生させている廃棄物は一般廃棄物に区分されまして産廃とは別物になります。では産業廃棄物とは何なのかと言いますと企業などが事業の活動として発生させた廃棄物の事をいい、更に詳しく書きますと事業者が出したゴミの中でも産廃に分類される、廃タイヤ等の廃プラスチックやガラスくずやコンクリートくず等の20種類がここに該当してくる訳であります。

一般廃棄物よりも産業廃棄物の方が環境やその地域で生活する住民の人体に与えるダメージが大きいので産廃許可申請が必要となり各都道府県で厳しいチェックが行われています。また許可申請とは別にマニフェスト制度等も設けられておりこれは産業廃棄物を排出した事業者が、その処理を委託業者に委託する際に交わさなければいけぬ書類の事であり、もし委託業者が正規の手段を使わずに産業廃棄物を不法投棄した場合に委託を依頼した事業者側にも責任を取らせる為の制度となっています。

この様に様々な厳しいチェックを行い住民の生活及び環境破壊が行われないように制度化されていますが、これらの事業者から出た産廃物も我々の生活を豊かにするための活動として生まれている事が多く、しっかりと安全性の知識を備え冷静に受け止めていく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *