産廃業の許可について考えよう

生活で出てくる産廃を処理するには許可申請が必要

私たちの生活において出てくるゴミですが処理の段階で一般廃棄物と産業廃棄物に区分されます。

一般のごみは、ゴミ・粗大ごみ・糞尿に区分されます。産業廃棄物は事業活動に伴って生じた廃棄物で法律で明示されており20種類に分類されています。産廃は燃え殻・汚泥・廃油など業種にかかわらず産廃として扱われるものと、紙くず・木くず・繊維くず・動物の死骸など特定の業種からでたもののみを産業廃棄物として扱うものとに分かれます。

さらに産廃のうち爆発・毒性・感染性など人に健康被害を与える、生活環境を汚染するものは「特別管理産業廃棄物」として扱われ特別管理産業廃棄物管理者の設置が義務づけられたりと、普通の産業廃棄物よりも厳しく監視されます。事業活動や生活を営めば必ずゴミは出ます。出たごみの処理をしてくれる廃棄物処理業者ですが誰でも参入できるという業種ではありません。許可申請が必要となります。

許可申請は自治体の担当窓口で行うことができますが料金を受け取って産業廃棄物の処理を行うには業としての許可申請をする必要があるほか、産業廃棄物の種類ごとに許可が必要となるなど事務手続きが煩雑になりますので行政書士に依頼した方がスムーズに開業することができるのではないでしょうか。このように産廃処理業者は許可申請という形で自治体に管理されています。私たちの健康に与える影響、周辺環境へ与えるかもしれない危険性を考えれば必要なことかもしれませんね。
産廃の許可申請のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *