産廃業の許可について考えよう

産廃業の許可申請には生活環境への影響調査があります

生活環境の影響調査はさまざまな分野でおこなわれていますが、産廃の許可申請においてもおこなわれています。

産廃の許可申請の生活環境影響調査は環境アセスやミニアセスともいわれ、大気や水質あるいは騒音や振動、そして悪臭などにおいて産業廃棄物処理施設設置時にどの様な影響が出るのか、そしてその影響は規定内であるかどうかを予測し報告書として提出します。産廃はだれでも簡単に始められる仕事ではなく、このような厳しい審査条件をクリアしなければおこなうことはできません。またその知識の取得のための講習会に参加し、事業をおこなう各都道府県へ産廃許可申請書類をそれぞれ出します。

複数の自治体にまたがって業務をおこなう場合には、それぞれに産廃許可申請書類を提出しますし、施設設置には生活影響調査をおこない、専用の車両も準備する必要もあります。専用の施設だけでなく専用の容器などもそろえることが必要ですので、産業廃棄物業の許可申請にはいくら時間があっても足りないほど複雑になっています。

そのためこれらの申請書類などの手続きは専門の行政書士などに依頼することが増えています。専門の業者にまかせればスピーディにおこなってもらえますので、その空いた時間を他の準備などに使うことができて効率的です。産業廃棄物業者はやや不足していますので少しでも早く業務を始めるほうがメリットが大きくなります。実際に許可が下りるには2か月ほどかかりますので、専門家に代行してもらいすみやかに申請しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *