産廃業の許可について考えよう

産廃許可申請と生活に関するごみの処分の違いについて

ごみと一口に言ってもその種類は多くあり、素材や大きさに加えてどこから出されたごみなのか等により処分の方法が異なります。

産廃は企業が製品の製造や販売する過程で排出されるさまざまな廃棄物の総称で産業廃棄物と言われており、許可申請を行い許可された事業者や個人などが取り扱いしているものです。許可申請には、許可の要件があり講習会の修了、経理的基礎、適切な事業計画、運搬施設が整っているかなどの要件を満たしていないと産廃の許可申請が出せません。そのほかにも産廃処理業を営むのに相応しくない企業や人の条件などの欠落要件に該当しないというものがあり、許可申請時に問題がなかったとしてもその後欠落条件に該当すると許可は取り消されることにもなります。

ゴミは産廃以外に一般廃棄物があり、産廃に定められているもの以外の廃棄物がこれにあたります。一般廃棄物は更に家庭の日常生活から排出される家庭廃棄物と、事業活動によって廃棄される事業系廃棄物があります。事業系廃棄物は、事業所などからでる紙クズや飲食店から出される生ごみなどですが昨今は一般の生活上のゴミなども一緒になっている場合が多くあり、家庭生活でのゴミなのか事業系のゴミなのかの区別が難しいといえます。

産業廃棄物は都道府県知事の許可を受けて回収、運搬、処理と行き先が明確化されているが、一般廃棄物の事業系廃棄物は、排出する事業者が責任を持って処理することが法律で定められているとは言え、適正な処分を行なうためにもこちらも産業廃棄物同様、廃棄物処理業者として許認可を受けている業者に委託することがお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *