産廃業の許可について考えよう

産廃業者の許可を受けるために必要なこと

産廃業者の許可を受けるために必要な事は、法律上は産業廃棄物の処理を適切に行う知識を持っていることと、その処理を適切に行うための設備を保有していることに加え、実際にこれらの知識と設備を利用して処理を行った実績を持っていることになります。

その条件が整っていれば適正に書類を提出することで基本的には産廃の許可を受けることができるようになっていますが、これを受けたからといって産廃業者として円滑に活動ができると言うわけではありません。法律上は産業廃棄物の処理を産廃業者に依頼した場合でも、この業者が適切に処理を行なわなかった場合には法律違反をした業者だけではなく、これを依頼した側も処罰されることになる点に十分に注意が必要です。

すなわち、依頼主から信頼されることが産廃業者として円滑に業務を進めるための最も重要な要素となっており、そのためには実際に数多くの産業廃棄物の処理を適切にこなし、その実績を様々な面で認めてもらうことが重要な要素となっているのです。産廃業者の許可申請を行う際にはこれらの要素は不必要であることが多いのですが、実際にはその実績が多いほど認可をされた後の業務の量が大きくなる傾向があります。

産業廃棄物の処理に関する相談は行政になされることが多く、その行政に優秀な業者であると認めてもらった場合には積極的に仕事を斡旋してもらえることが多いので、この点も十分に認識した上で許可申請を行うことが非常に重要なこととなっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *