産廃業の許可について考えよう

産廃の事は許可を持つ専門業者に相談へ

日本の国はゴミの分別がとても厳格です。

厳しく種類別にゴミを回収しているため、リサイクル率が諸外国よりもひと際高かったり、環境に与える負荷が先進国の中でもやはりひと際少なくなっています。家庭用のゴミでも昨今はとても細かく分別が求められており、プラスチックや紙類や生ごみ、鉄製の物など捨てる物の素材によって、丁寧に分類してから捨てなければいけません。自治体によって細かさはピンキリですが、最近は全体的に厳しくなって来ており、分類せずに捨てたゴミは回収されなかったり、後で別途ルール違反の捨て方をした住民にはペナルティが課せられるようになりました。

加えて家庭用のゴミとオフィスや工場が捨てるゴミも、日本の国では厳格に区分されており、後者は事業系ゴミとも呼ばれています。文字通り事業の運営によって生じた不用品であり、更に細かく事務系の不用品と産業廃棄物の二種類に分けられます。後者の産廃については自治体が基本的に回収してくれません。産廃は特殊な素材や膨大な量になっている事も多く、事業者が別途専門業者に相談して処分しなければなりません。

産廃の回収と処分を担える許可を持つ専門業者にしか依頼出来ないので、産廃を捨てる際は要注意です。普通の自治体に許可を求める事は出来ず、いわゆるオフィス系の不用品や紙ごみを回収する専門業者に相談しても同様に許可はおりません。産廃は基本的に工場やオフィスから出る不用品ですが、個人の店舗でも長年溜め込んでいた大量の事業系のゴミがあれば、法律的に産業廃棄物に該当する恐れがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *