産廃業の許可について考えよう

新事業として考える産廃物処理の許可申請と有益性

ある程度広い面積の土地を有している個人の方や法人でも、一般的な宅地用不動産ではない限り、土地の使い道が無いと感じていることも決して少なくありません。

特に法人の場合では将来的に資材置き場にしたり、会社建物を増やして活用することを想定した不動産購入を行うこともありますが、何もせずに放置したままの土地を長年にわたって所有している状態では、他の使い道を検討してみることがおすすめになります。郊外型の場合では周囲の環境次第では産廃物の処理場として利用できる可能性があります。その手順は土地の種別や面積など数多くのチェック項目があり、産廃の許可申請をすることが難しいと感じてしまうことも想定できます。

専門的知識を持っていない場合では、産廃物処理場で活用するために許可申請をするには、多大な労力が必要です。現在ではこのような状態でも、代理を引き受けている専門法人が存在しているので、もしも、新事業で産廃物処理業を開始したいと考えている方は、代理を利用して許可を取る方法も間違いではありません。許可自体にはあまりお金は掛かりません。手数料で最大で10万円程度掛かることになりますが、代理を依頼する料金を含めても多額の出費にはならないことが魅力的です。

後は産廃物処理に関わる重機類を購入することと、土地に対して搬入してくるトラックの重量測定を行える設備と建物を用意することです。資材別に分類しなければならない法律があるので、産廃物に対する知識を得ておくことも必要です。決して難しいことではなく、法律や各自治体で定められている方法で処理することになるので、後は利益確保のための利用料の規定を明確にすることで新事業に参入できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *