産廃業の許可について考えよう

産廃の収集運搬の許可申請は専門家に依頼しよう

産業廃棄物収集運搬業を新たに始めようと思われている方は、各都道府県知事から許可を受ける必要があることをご存知でしょうか?その申請は非常に複雑で、書類作成に多くの時間が掛かり、添付書類も多く大変な作業です。

しかも申請手続きは各自治体によって対応が異なるため、もしいくつかの県にまたがって運搬する場合は、すべての県に申請し許可をもらわなくてはなりません。しかも申請の受付は平日のみとなっています。この様な理由から産廃の許可申請は専門家に代行してもらうのが得策です。行政書士の事務所などでは、産廃収集運搬業の許可申請を専門的に代行してくれる所があります。

複雑な書類の作成はもちろん、添付書類の収集・作成、代理の届け出まで行ってくれます。この申請には必要書類として、「産業廃棄物又は特別産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会」の受講修了書のコピーも必要となりますし、産廃が飛散や流出・悪臭が漏れるおそれのない運搬車と運搬容器等を用意した証明も必要となります。又、欠格事由に該当しないことの証明や経済的・経理的基盤があるかの証明も必要になります。

これらについても、的確にアドバイスがもらえ、必要な物は用意してもらう事ができます。さらに申請が認められた後も、収集・運搬車であることの表示をしたり、環境省令で定める書面を備付ける義務もあります。又、時期が来れば更新も必要となりますし、業務の変更があればそのつど申請しなければなりません。それらを継続的に代行してもらい間違いや漏れが無いようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *