産廃業の許可について考えよう

会社で取得しておくと便利な産廃の収集運搬許可

会社によっては沢山の産廃物が出てしまうことがあります。

一般的なゴミとして出すことが禁じられている廃棄物を指しているので、会社単位の場合では廃棄することにかなりの出費が必要とされることも珍しいことではありません。一般的には専門会社と提携をして処分を行っていることが目立つのですが、もしも、会社内でトラックの運転に問題が無いという人物がいれば、自社にて産廃の収集運搬許可申請を行うことも可能です。各自治体で異なる部分がありますが、管轄にしている役所内で許可を取得することができます。

その際には申請書の他、手数料が掛かり、7万円から8万円程度が一般的です。会社で専用のトラックを購入することが必要ですが、規模に合わせて選べるので、普通の軽トラックから2トン車程度で間に合うことが多いようです。産廃の収集運搬許可を取得すると、処分を主業にしている会社の工場に出入りすることができます。

以前は他社任せにしていたものの、運送する際に掛かる燃料代と、廃棄物の重量による処分量のみの支払いに止めることができるので、結果的に長い目で考えるとお得な方法とも言えます。普通の会社の場合は、それほど利用頻度が多くは無いという事例もあります。毎日に大量の廃棄物が出てしまうような環境では自前で処理するには専任の社員を雇う必要性があるので、専門会社に任せることが有利になりますが、少ない場合では1週に1度など、空いている時間に既存の社員が運搬するだけなので、あまり大きな負担に感じずに処理できることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *