産廃業の許可について考えよう

産廃処理と許可申請は、専門業者に相談して

ビジネスを営む上、切っても切れないのがゴミの問題です。

現実問題として人が暮らす、働くだけでもゴミは自然発生します。自宅から出るゴミは、普通にゴミ捨て場に処分可能です。自治体によっては細かく、分別が求められますが、基本的に無料または安価で捨てられます。翻って自営業の方、工場を経営なさっている方は、そういう風にはいきません。工場や店舗から出る大量の特殊なゴミは、産廃となります。産廃は普通ゴミとして廃棄する事は原則出来ず、専門業者に相談して回収してもらわなければいけません。

無許可で産廃を捨てたら、手痛いペナルティを課せられます。自治体によってルールは様々ですが、大量の事業で出たゴミは許可を得た上で規定の方法に則り、捨てなければ法律違反、または条例違反となりますので要注意です。専門業者に相談すれば代わりに処分とその許可申請を行ってくれるので、初めて産廃処理を行う方はプロに相談しましょう。一般家庭から出る家具や家電などは、たとえ大型でも粗大ゴミなので比較的容易に捨てられます。

ただ、実家が以前工場や店舗を経営していて、その頃に生じた大量の不要品が敷地や物置にある、という場合も専門業者に相談しなければなりません。今でこそ一般の民家だったとしても、不用品の種類が実質的に産業廃棄物に該当する物であれば、いわゆる普通のお宅でも産廃処理をしなければなりませんので、許可と処分を代行してくれるプロに相談しアドバイスを受けるべです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *