産廃業の許可について考えよう

産廃の許可申請での生活環境影響調査とは

産廃の許可申請では事前に周辺の環境の影響を調べるために生活環境影響調査をします。

これは人の健康や生活環境保護、保全や汚染状況を把握して実際に稼働させたときの予測や、稼働後の公害での被害を軽減したり事前に防ぐことが目的です。主に水質や大気、騒音振動に悪臭などがあり、生活環境影響調査は産廃の許可申請ではとても重要なことです。水質だと処理場などから出る排水や周囲の河川や海域、地下水などを調査、大気は排ガスなどの排出源に伴ったものや室内の空気汚染なども確認します。

騒音は廃棄物の処理業をする場所や周辺での騒音測定、悪臭の原因となる物質濃度や臭気指数も確認して把握していきます。産廃業の許可申請の生活環境影響調査の大気調査は、自然または人為的な各種発生源から放出されている化学物質の影響を受けていて、これらは光化学反応などで変化し新たな化学物質を生み出すことも知られてます。例えば高度経済成長期では、硫黄酸化物や窒素酸化物、光化学オキシダントなどで健康被害が起きて社会問題にもなりました。

近年は海外から飛んでくる微小粒子状物質(PM2.5)なども起きていて、発生源自体もグローバル化しています。普通の空間でも化学技術の進展で色々な化学物質が消費財で使われていて、揮発性有機化合物やアスベストなどによる健康影響なども起きてます。産廃の許可申請ではこれらの生活環境影響調査も含めて、色々な要件が必要となるため専門家のサポートも欠かせません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *