産廃業の許可について考えよう

生活にメリハリができる産廃と許可申請について

長く生活を続けていると不要なものが家の収納の中にたまりやすくなります。

不用品は産廃業者を使うことでまとめて処分ができたり、古物商の許可を持つ産廃業者の場合は不用品を買い取りしてくれるケースもあります。粗大ゴミ回収を使えば費用が掛かりますが、買い取りして貰える業者を使えば、不用品処分などの生活費を節約できるメリット、家の中を整理できるメリットに繋がります。

生活に便利な産廃業者ですが、営業を行うためには運搬業や処分業、特殊な産廃物を取り扱う場合には別の許可申請が必要です。許可申請は所定の要件を満たさなければならないのですが、この条件の中には欠格要件を満たしていることなどがあるのが特徴です。欠格要件は廃棄物処理業の許可申請者において、一般的適性があるのか否かが問われるものです。一般的適性は法律に準じた適正な業務を遂行することが期待できない者を類型化しているもので、法律を守ることができない者を排除するなどの重要な目的を持ちます。

欠格要件に当てはまる者とは、破産者を始め暴力団員や禁固以上の受刑者などであり、一般的には要件を満たしている人は多いと言っても良いでしょう。平成25年4月1日に施行された法律でもある小型家電リサイクル法と呼ばれている法律があるのをご存知でしょうか。

この法律は使用済みの小型電子機器の再資源化を促進するためのもので、デジタルカメラや携帯電話、ゲーム機器などの小型電子機器の再資源化を目的にしているものとなります。また、この法律は廃棄物処理業の許可に関わる特例でもあり産廃許可申請を行う時にはこうした知識も必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *