産廃業の許可について考えよう

産廃の許可申請には生活環境の影響も調査します

産業廃棄物を取りあつかう仕事をおこなうためには、都道府県へ申請し許可を得なければなりません。

申請のための書類は各都道府県ごとに仕様が異なっていますので、それぞれ取り寄せて記入する必要がありますが、さらには添付資料や写真なども忘れずに指定通りに提出しなければなりません。また産廃業に関する知識の取得も許可申請には不可欠ですので、日時や場所などを予約したうえで講習会へ参加します。このように産廃の許可申請には細かな決まりや条件などが多いですが、専用の施設の設置や車両の保持なども確認されます。

その場合の施設設置には生活環境影響調査の報告を添付資料として加えます。産廃許可申請の生活環境のための調査は環境アセスやミニアセスともいわれ、その施設設置において環境がどのように変化するかを予測します。産業廃棄物を処理したり運搬するので、大気や水質、騒音や振動、そして悪臭などが後々問題にならないように規定内であるかどうかを予測確認します。

産廃の許可申請においてはこのように生活環境まで調べなければなりませんので、実際には非常に手間と時間がかかってしまいます。ですのでなかなか思うように申請できない状況になりえますので、できればそうした許可申請を専門におこなってくれる代行業者などにまかせるほうが、もちろん料金はかかりますがそれ以上の利点があります。多くの書類をミスなく仕上げるのは経験がなければ非常に難しいですので、専門家への依頼をおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *